トリガーポイント鍼療法の喜多鍼灸院は、堺市東区のはりきゅう専業の鍼灸院です。痛み、コリ、しびれ、頭痛、めまい、は従来からの得意分野ですが、不妊治療に力を入れて成果を上げています。

当院について

  • HOME »
  • 当院について

喜多鍼灸院

堺市東区大美野6-31 (ダイエー北野田店西側、屋上パーキング出入り口の向かい。10メートルほど入ります)

受付時間
9:00-12:30
15:00-19:30

時間外・往診はご相談に応じます。予約優先です。

TEL&FAX : 072-239-2752

Email : info89@harikita.com

院長

喜多伸治 H.2 (1990)年 関西鍼灸短期大学(現 関西医療大学)卒業。はり師、きゅう師、介護支援専門員、介護予防運動指導員

院長であり、当院随一の施術者(正確には唯一の…)である、喜多です。当院ではトリガーポイント鍼療法を治療の中心にすえ、運動器系の症状、筋筋膜性の疼痛、膝や肘の関節痛、神経痛、しびれ、めまい、頭痛、肩・頚・腰殿部などのコリや痛み…を診てきました。それらに加えて、ここ数年は日本生殖鍼灸標準化機関(旧 不妊鍼灸ネットワーク)に所属して不妊・不育・逆子を中心とした産科、婦人科疾患に力を入れております。

日常の臨床や研修の中で、科学的な証明を伴った鍼灸治療自体の可能性が広がっていることをひしひしと感じております。まさに「タマゴからトシヨリまで」です。 それに反して、鍼灸治療の受療率は下がっており、国民の5%を切っている状態です。もったいないです。

このホームページでは当院の施術方法や理論を、できるだけご紹介することで、皆様の鍼灸に対する抵抗感を無くすことができればと考えております。

また、私は鍼灸師の業界団体に所属し、今は理事となり鍼灸全般の諸問題を解消すべく、微力ながらお手伝いをさせていただいております。公益社団法人としての会の活動は、鍼灸の普及啓発や、健康保険の取扱い、技術や知識の向上、政治・行政との交渉などなど多岐にわたりますが、多くの志のある鍼灸師が会の活動を担っております。

私は、何より鍼を受けたことが無い、怖い、という方を減らすこと、そして「行って良かったと思える鍼灸ができる」施術者を育てることが大事だと考えております。頭痛薬や、鎮痛剤、湿布、筋肉痛の塗り薬、グルコサミンやコンドロイチン、サポーター等々、処方され、販売され、テレビで宣伝されておりますが、これらを使用したくなる状態がまさに鍼灸の適応になるからです。手術が必要になるような病気ではないけれど、決して健康ではない、そんな方の多いこと…。鍼灸を受けたことの無い方は是非受けていただき、その良さを感じてください!

そして、中でもトリガーポイント鍼療法が得意とする分野がありますので、当院を選んでいただいた際には、精一杯の治療をさせていただく所存であります。

現在:(公社)大阪府鍼灸師会 理事、トリガーポイント研究会スタッフ、日本生殖鍼灸標準化機関(JISRAM)会員、筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会会員

PAGETOP
Copyright © トリガーポイント鍼療法の喜多鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.