トリガーポイント鍼療法の喜多鍼灸院は、堺市東区のはりきゅう専業の鍼灸院です。痛み、コリ、しびれ、頭痛、めまい、は従来からの得意分野ですが、不妊治療に力を入れて成果を上げています。

施術内容 理論・技術・設備

  • HOME »
  • 施術内容 理論・技術・設備

理念があります

喜多鍼灸院では、EBM-エビデンスに基づいた医療- を大事にしたいと考えています。鍼灸において、EBMの良いところは理屈を組み立てられない効果でも、結果から証明していくことができる所に有ります。

とはいえ、鍼灸では確実な根拠(エビデンス)をなかなか出せず苦労しています。他の治療法に比べれば治療成績が良くても、厳密にはプラセボを拭えず根拠が弱い治療だとなってしまうのです。我々が行うトリガーポイントを利用した鍼灸が、いつかその壁を乗り越えることが出来るよう臨床を続けていきたいと考えています。

この目標に対する良い材料があります。プラセボと呼ばれてきたブラックボックスな現象の実質が徐々にとらえられて来ているため、それを上手に利用して効果を上げようという発想の転換が進んでいるのです。プラセボの効果は、臨床医療にとって大切な物になってきています。まずは科学ありきで、プラセボを追求するものではありません。しかし、慢性痛と脳の機能との関連も解明されてきているように、疾病や疼痛に「プラセボの影響をうける脳の働き」は無関係ではおれません。まだまだ全容の解明には時間がかかりそうですが、鍼灸の一部はそういった力で成り立っているのです。

現状は、できる範囲で幅広く知識を仕入れて、治療の技術を磨き、何ができて何ができないのか理解した上で治療を行うことで、来院された方に不利益を生じさせることのないよう心がけるしかありません。それは当たり前のようですが、案外できていないことなのです。

当院でやっているのは、泥臭い治療。それに尽きます。
トリガーポイント鍼療法では、痛みの元になる部分に直接アプローチするため、鎮痛効果は高いと自負しておりますが、悪いところが見つかり、良くなり、再発しない…と、そう簡単にはいきません。
触り、探し、試し、評価し、変えて、攻める!これを地道に繰り返す、それ以外に方法はありません。可憐とはいえない泥臭さで攻めていきたいと考えます。

ただし、この治療方法が今までにない効果を出せる可能性は十分にあります。単回施術での鎮痛や、長年悩まされていた疼痛への劇的な効果で喜んでいただけることはあります。
それでも、しつこい痛みに悩まされている患者さんに私は助言しております「痛みや症状に付き合って行く必要があります。ただし、付き合っていけるぐらいに抑えましょう。」夜寝ることができない、仕事や日常生活に差し支える、そんな状態は一刻も早く抜け出てていただけるようにします。

そこから先、症状を全くゼロにしてもう出ない状態にするのは、若返りを求めるようなもので、ハタチに戻してって言われても困ってしまいます。でも、痛くなかった3ヶ月前に戻し、もしかしたら数年前ぐらいの状態には戻せるかもしれません。
たとえば…「立ち座りで痛かった膝の痛みが無くて散歩も再開できる。けれども金剛登山では痛みが出るかもしれないし、行者のように走って大山に登るのはやめた方が良い」という75歳です。ちょっとわかりにくいですか(^^;)
若い方、急性の症状は別です、ゼロを目指します!

喜多鍼灸院について

  • 平成2年 免許を所得鍼灸師となる。
  • その年より新井整骨院に勤務、4年を過ごす。
  • 神戸製鋼野球部トレーナーの助手や訪問治療などを行いながら、協力隊受験と事前の講習を受ける。
  • 平成8年~平成10年 青年海外協力隊に参加。鍼灸マッサージ師の枠でインドネシアの小さな町へ(Indonesia Jawa tengah Pemalang)
  • 平成10年8月から1年間、仙台暮らし。秋保温泉にて温泉マッサージの仕事に就く。
  • 平成11年12月 再開発前の北野田駅前商店街にて喜多鍼灸院開院。
  • 平成16年10月 再開発に伴い、現住所に転院、現在に至る。

喜多鍼灸院については、下二つだけですね。あとは、院長の遍歴(^^;)。

学生時代から関西医療大学 黒岩共一教授に師事し、トリガーポイント鍼療法を学んできました。臨床を行いながら、セミナーのスタッフを長年担当させていただいたおかげで、トリガーポイント鍼療法の治療家を名乗ることができております。不肖の弟子ではありますが、なんとか面倒を見ていただきました黒岩先生には感謝です。

 

主な使用機器

鍼一本、もぐさ一掴みでできる仕事ではありますが…効果的な機器は導入しております。手と鍼とツールが主役の座を奪われるような治療器はないでしょう。適宜、適切な機器を使用します。

  • スーパーライザー HA2200(不妊治療優先での利用となります)
  • 干渉波
  • 鍼通電用低周波治療器
  • 超音波治療器
  • 温熱治療器:赤外線、マイクロ波、湿式ホットパック。
  • 治療には肢位が大切です:ボディクッションなどのクッション。
  • 治療には肢位が大切…それと施術者の体も守る:顔の部分が穴あきで曲げることのできる電動ベッド。
  • 手指の延長、機能拡張:ローリング療法のローラー、トリガーポイント研究会独自のツール。

ご予約、ご相談お受けいたします TEL 072-239-2752 月-金 9:00 - 12:30 15:00 - 19:30
土 9:00 - 12:30
日祝休診

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © トリガーポイント鍼療法の喜多鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.